カテゴリー
価格帯で探す
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
メールマガジン
フリーページ
rss atom
ハロウィン特集
ドン・ペリニヨン モエ・エ・シャンドン ヴーヴ・クリコ クリュッグ サロン ルイ・ロデレール ペリエ・ジュレ

ドン・ペリニヨン

ドンペリロゴ

誰もが聞いたことのあるドン・ペリニヨン(ドンペリ)

シャンパーニュ地域の象徴ともいえるドン・ペリニヨンは
17世紀後半、ドン・ピエール・ペリニヨンがオーヴィレール修道院の酒倉庫係に任命されたことより歴史が始まりました。
研究熱心だったドン・ペリニヨンは1665年にイギリスで新酒のワインを瓶詰めにして
発泡性にすることが発見されたことを知り、オーヴィエール修道院へ導入したという。

このため、発泡性のワインを造るために樽に比べて空気に触れる事がすくない
当時、イギリスで発明されたばかりの耐圧のガラス瓶を使い
栓も木片に油を染み込ませた麻布を使用していたが、コルク栓の使用をし
一年中一定の温度と湿度が保てる場所として地下蔵を堀保存しました。
透明な果汁を搾り取るための搾汁機も考案したとされています。
ブドウに対しても、良質なワインを毎年生産し続けるために
異なる畑・異なる品種・異なる年のワインを調合して造るという手法も
現在のシャンパーニュ造りの基礎として受け継がれています。

今日のシャンパーニュは、瓶内二次発酵の過程を経てワインに泡を含ませている。
一度ワインとして完成したものを瓶詰めにし、そこに酵母と加糖をし、栓をすることで
二酸化炭素をワインに閉じ込めて造っています。
以下商品ページ
ドンペリリンク






モエ・エ・シャンドン

モエロゴ

シャンパーニュ(シャンパン)シェアNO.1メゾン

世界で最も愛されているシャンパンであるモエ・エ・シャンドンは
1743年、クロード・モエによって設立された270年以上の歴史を誇るメゾン。
3代目ジャン・レミー・モエは会社拡張とオーヴィエール修道院の建物・畑を買収。
4代目ピエール・ガブリエル・シャンドンに引き継がれ、社名が現在のモエ・エ・シャンドンに変更された。

モエ・エ・シャンドンの顧客には、歴史上の有名なナポレオンも含まれ、
モエ・エ・シャンドン アンペリアルのアンペリアルは「皇帝」を意味し、彼のことである。
ナポレオンが戦争へ赴く前に、必ずモエのシャンパンを飲んでから向かっていたそうです。

近代では、1987年にルイ・ヴィトンとの合併により、モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィドン
に属し傘下には、「ヴーヴ・クリコ」「クリュッグ」もあり、世界最大のシャンパンメーカーとなっている。
モエ・エ・シャンドンはロゼやネクターなど品揃えが豊富で今も世界で愛されています。
以下商品ページ
モエリンク






ヴーヴ・クリコ

ヴーヴロゴ

オレンジ色のラベルが目を引く印象的なメゾン

ヴーヴ・クリコの歴史は、1772年銀行兼業の商家のフランソワ・クリコが妻フィリップ・クリコとブドウ畑を所有することにより始まる。
シャンパン製造して間もなく夫が死去した為、クリコ夫人は27歳の若さで事業を引き継ぐこととなる。
ヴーヴとはフランス語で未亡人を意味する言葉で、ヴーヴ・クリコの名前はここからきています。
彼女はビジネスでもシャンパン造りにおいても才能を発揮し、
1810年にはシャンパーニュ地域で初となるヴィンテージシャンパンの醸造に成功。
その後、ロシア帝国への輸出を成功させ、ヴーヴ・クリコはロシアでも称賛されることとなった。
その後、メゾンは1877年に当時では珍しいイエローのラベルを商標登録し、現在の象徴となっている。

1986年にはモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンがヴーヴ・クリコを取得し更なる商品開発がされ
2004年にはロゼ・シャンパンを発売、世界で大成功を収める。
ヴーヴ・クリコのシャンパンは品質はただ一つの最高級だけ
というメゾンの信念をもって、ヴーヴ・クリコの力強さと複雑さを守り続けている。
以下商品ページ
ヴーヴリンク






クリュッグ

クリュッグ

シャンパンの帝王と称される最高級のメゾン

1843年にドイツ出身のヨーゼフ・クリュッグによってメゾンは立ち上げられた。
1840-1860年代にシャンパンの輸出量は倍増していた中、クリュッグは販売量よりも品質で知られるメゾンとして
地位を確立させようと努めました。努力が実を結び、1903年にイギリス王室御用達の
ワインメーカーとして認定を受けることとなった。

1972年には子孫のアンリとレミの兄弟により、新たにクリュッグのスタイルを体現した
新しいボトルデザインが考案され、プライベート・キュヴェはグランド・キュヴェとして生まれ変わった。

クリュッグはシャンパン通にはクリュギストと呼ばれる愛好家が存在するほどで
クリュギストはクリュッグしか飲まないという魅力を備えているシャンパン。
クリュッグは創業以来、6世代にわたり伝統の製法を今日まで忠実に守り続けています。
手間とコストを惜しまない姿勢が愛され続けているのです。
以下商品ページ
クリュッグリンク






サロン

サロン

幻のシャンパンと称されるメゾン

サロンは1900年代初頭に、ウジェーヌ・エメ・サロンというシャンパン愛好家が設立した。
サロンは他のメーカーと違い1種類のヴィンテージシャンパンしか造っていない。
しかも、数多くあるメゾンの醸造の条件がすべてそろった年にしかリリースされない為
100年間の間に30数ヴィンテージしか世に出回っていない。

数多くある醸造の条件として、原料のブドウの出来が悪い年はリリースはしないのと
白ブドウであるシャルドネ種のみを使い、一番搾りの果汁のみを使用し
熟成も一般的なヴィンテージシャンパーニュが3年のところ、サロンは最低でも約10年の
瓶内熟成を経てからリリースするという、一切妥協をしない完璧なシャンパンを創り上げています。
リリースしてからも熟成を要することができ、50年100年熟成させることができるスタイルにしか造らないとまで言われています。

このような完璧主義のサロンはすべて職人の手作業によって出来るもので、
生産量はごくわずか。幻のシャンパンと言われている。
以下商品ページ
サロンリンク






ルイ・ロデレール

ルイ・ロデレール

NO.1に輝いた老舗メゾン

1776年にデュホワ親子によって設立されたメゾンをニコラ・シュレッダーが買収し
甥のルイ・ロデレールが1833年に経営を担った際に会社名が現在の通りとなった。
1876年にロシア皇帝アレクサンドル2世の要望で、「クリスタル」の瓶に入れたシャンパンが献上された。
今日でも最高級シャンパンの1つであるクリスタルの誕生であった。

1920年代にはレオン・オルリー・ロデレールが複数のヴィンテージを繊細にかつ一貫して
調合することで、品質の高いワインを保てるようになり、メゾンの復興に大きく役立った。

1833年のルイ・ロデレール以降、現在も同族経営を貫き通しているメゾンで
リリースは瓶詰め後3年以上と設定しており、通常のシャンパンよりも長く熟成しているのが特長です。
ブドウの自社栽培の割合も8割と言われており、質の良いシャンパンのリリースをしており
2013年にフランスのワイン誌においては、他の名だたるメゾンを抑えNO.1のメゾンに輝きました。
以下商品ページ
ルイ・ロデレールリンク






ペリエ・ジュエ

ペリエ・ジュエ

芸術と賞される老舗メゾン

1811年にピエール・ニコラ・マリー・ぺリエと妻アデル・ジュエによって設立され両者の名前から社名になっています。
現在の、ペリエ・ジュエの代名詞ともいえるアネモネの花のボトルは1902年に3代目アンリ・ガリスが
世界的有名ガラス工芸家、エミール・ガレに依頼しボトルデザインが誕生しました。
このアネモネのデザインは、ペリエ・ジュエのフローラルで繊細な味わいをまさに表したデザインで 今日でもこのアールヌーヴォーのボトルは世界中で愛され、日々の生活の中で芸術とのマリアージュを届けています。

ペリエ・ジュエのブドウ畑は99%が格付けの畑を有しており、シャンパーニュ地方の中心に位置しています。
その畑から取れる最高のシャルドネが主体となり、フローラルでスタイリッシュ、カットされたダイヤモンドのように輝くスタイルは
歴代で7人しかいないセラーマスターの手によってい造られます。
200年にわたって受け継がれてきた英知はメゾンの歴史を守り続けています。
以下商品ページ
ペリエリンク